1+
最安値:¥15,200(税込)
デロンギ HMP900J-B
ポイント(目安)送料 実質価格
0pt
無料
¥7,800
大手通販モールのAGtool(アグツール)
Amazon¥7,800(最安値)
価格推移へ
お気に入り

口コミ一括チェック!

トップレビュー

Orca (2017年2月2日)

自宅ではパネルヒーターを2種類(サンルミエとデロンギのマイカパネルヒーター)とデロンギのオイルヒーター1種類を使っています。<br>それぞれ別々の部屋で使用しています。<br>他のパネルヒーター(サンルミエ)との違いですが、大きく違う点はあまりありませんが、やはり高いだけあってサンルミエのパネルヒータの方が暖かいです。パネルに伝える仕組みが違うのかもしれませんね。<br>簡易的ですが放射温度計で計測した値を参考に載せておきます。<br>380W 弱設定(サンルミエ)<br>約160度・・・パネルから約10センチ離してパネルを放射温度計で計測<br>450W 弱設定(デロンギ)<br>約100度・・・・・・パネルから約10センチ離してパネルを放射温度計で計測<br>ただし、デロンギのこの機種は弱設定の場合はパネルの上半分だけが発熱し下半分は冷えています。<br>最下部辺りは20度程度とほぼ発熱しておりません。強設定にした時に下部が発熱する仕様です。<br>反対にサンルミエは弱設定でも全面が発熱しており発熱面でもデロンギは劣ってしまいっています。<br>安いには安いなりの理由があると割り切ってご購入されることをオススメします。<br>また他のレビュアーの方々も言われているように、強運転にすると若干の音はします。かすかな音でも気になって寝れない方は止めておいたほうが無難かもしれませんね。<br>私は就寝時にも気になりませんが・・・。<br>安いパネルヒーターを求めているならこの商品はコストパフォーマンスは良いと思います。<br>ただもっと暖かいパネルヒーターがあることも事実。価格差が結構ありますからどれを選ぶかは使用目的次第かと思います。<br>就寝時に凍える寒さをしのぎたいのであれば、この商品はとても良いです。<br>パネルヒーターのみで部屋を暖めて1日中過ごしたいという方はもう少し高くても熱効率の良いパネルヒーターを選んだほうが良いかと思います。<br>また、オイルヒータは電源を入れてから部屋が温まるまで最も時間がかかります。しかし一番暖かさが柔らかく発熱面月まで大きいのオイルヒータです。デロンギとユーレックスのオイルヒーターを使ったことがありますが、この商品と比べたら圧倒的にオイルヒーターの勝ちですね。あそこまで暖かくはなりません。<br>この商品の良さは軽さと手軽さ。暖かさを求めるなら別の商品をお勧めします。<br>基本的なことですがパネルヒーターやオイルヒーターはどれも一気に温度を暖めることは苦手です。<br>しかしほんのりと就寝時用に暖めるには最適な商品です。<br>私はハウスダウトアレルギーの為にエアコンで部屋を暖めるとホコリが部屋に舞って困るので、パネルヒーターが非常に助かっています。<br>エアコンの場合は対流が発生するのと、湿度が一気に下がります。就寝時は一番風邪に引きやすい無防備な常態ですので、その時に湿度が下がるのは最悪。<br>パネルヒーターの場合は湿度はほとんど下がりません。といっても温度が上がれば空気中の水分含有量は減りますので自然と湿度は若干下がりますがエアコンの湿度が下がるのとは全く意味合いが違います。<br>風邪対策そしてハウスダスト対策には最適な暖房器具かと思います。<br>部屋が凄く暖かくなるわけでは無いので、芯から冷えそうな夜の就寝時に使用しています。心地よく睡眠が取れとても助かっています。<br>

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

口コミ一括チェック!

レビュー

(195件)

Orca (2017年2月2日)
自宅ではパネルヒーターを2種類(サンルミエとデロンギのマイカパネルヒーター)とデロンギのオイルヒーター1種類を使っています。<br>それぞれ別々の部屋で使用しています。<br>他のパネルヒーター(サンルミエ)との違いですが、大きく違う点はあまりありませんが、やはり高いだけあってサンルミエのパネルヒータの方が暖かいです。パネルに伝える仕組みが違うのかもしれませんね。<br>簡易的ですが放射温度計で計測した値を参考に載せておきます。<br>380W 弱設定(サンルミエ)<br>約160度・・・パネルから約10センチ離してパネルを放射温度計で計測<br>450W 弱設定(デロンギ)<br>約100度・・・・・・パネルから約10センチ離してパネルを放射温度計で計測<br>ただし、デロンギのこの機種は弱設定の場合はパネルの上半分だけが発熱し下半分は冷えています。<br>最下部辺りは20度程度とほぼ発熱しておりません。強設定にした時に下部が発熱する仕様です。<br>反対にサンルミエは弱設定でも全面が発熱しており発熱面でもデロンギは劣ってしまいっています。<br>安いには安いなりの理由があると割り切ってご購入されることをオススメします。<br>また他のレビュアーの方々も言われているように、強運転にすると若干の音はします。かすかな音でも気になって寝れない方は止めておいたほうが無難かもしれませんね。<br>私は就寝時にも気になりませんが・・・。<br>安いパネルヒーターを求めているならこの商品はコストパフォーマンスは良いと思います。<br>ただもっと暖かいパネルヒーターがあることも事実。価格差が結構ありますからどれを選ぶかは使用目的次第かと思います。<br>就寝時に凍える寒さをしのぎたいのであれば、この商品はとても良いです。<br>パネルヒーターのみで部屋を暖めて1日中過ごしたいという方はもう少し高くても熱効率の良いパネルヒーターを選んだほうが良いかと思います。<br>また、オイルヒータは電源を入れてから部屋が温まるまで最も時間がかかります。しかし一番暖かさが柔らかく発熱面月まで大きいのオイルヒータです。デロンギとユーレックスのオイルヒーターを使ったことがありますが、この商品と比べたら圧倒的にオイルヒーターの勝ちですね。あそこまで暖かくはなりません。<br>この商品の良さは軽さと手軽さ。暖かさを求めるなら別の商品をお勧めします。<br>基本的なことですがパネルヒーターやオイルヒーターはどれも一気に温度を暖めることは苦手です。<br>しかしほんのりと就寝時用に暖めるには最適な商品です。<br>私はハウスダウトアレルギーの為にエアコンで部屋を暖めるとホコリが部屋に舞って困るので、パネルヒーターが非常に助かっています。<br>エアコンの場合は対流が発生するのと、湿度が一気に下がります。就寝時は一番風邪に引きやすい無防備な常態ですので、その時に湿度が下がるのは最悪。<br>パネルヒーターの場合は湿度はほとんど下がりません。といっても温度が上がれば空気中の水分含有量は減りますので自然と湿度は若干下がりますがエアコンの湿度が下がるのとは全く意味合いが違います。<br>風邪対策そしてハウスダスト対策には最適な暖房器具かと思います。<br>部屋が凄く暖かくなるわけでは無いので、芯から冷えそうな夜の就寝時に使用しています。心地よく睡眠が取れとても助かっています。<br>

レビュー

(0件)

口コミを見つけません。

レビュー

(0件)

口コミを見つけません。
  • 商品価格ランキング
  • 実質価格ランキング

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

順位販売店商品価格ポイント(目安)送料実質価格口コミ
1DeLonghi(デロンギ)のストアを表示¥7,800(最安値)0pt
無料
¥7,800(最安値)
4.1
(195件)
[商品該当数:1件]
順位商品価格ポイント(目安)送料実質価格販売店口コミ
1¥7,800(最安値)0pt
無料
¥7,800(最安値)
4.1
(195件)
[商品該当数:1件]
商品説明
外形寸法:幅695mm×奥行265mm×高さ565mm
電圧/周波数:AC100V(50/60Hz)
消費電力:強:900W/弱:450W
本体重量:4.6kg
原産国:中国
詳細情報
ASINコード:
B006VR77BG

スポンサープロダクト