2+
最安値:¥59,980(税込)
ダイソン Pure Humidify + Cool PH01WS
ポイント(目安)送料 実質価格
0pt 送料を店舗で
確認する
¥59,980
大手通販モールのAGtool(アグツール)
Yahoo¥59,980(最安値)
Rakuten¥83,800(+23,820)
Paypay¥85,800(+25,820)
Amazon¥105,000(+45,020)
価格推移へ
お気に入り

口コミ一括チェック!

トップレビュー

Alex (2020年1月6日)

他のレビューサイトにも投稿しましたが、こちらにも残しておきます。<br>・鉄筋コンクリート12畳程度の部屋<br>・エアコン暖房<br>という条件で使用しています。おそらく一般的な家庭のリビングに相当する広さで使っています。<br>・加湿器と空気清浄機をまとめたい<br>・加湿器の手入れが出来るだけ簡単なもの<br>・通年置いておいてもいいデザイン<br>を条件にしたときにこの製品にたどり着きました。<br>スペック的に加湿量が350mL/hということで加湿量的にはそうでも無さそうでしたが、ダイニチの加湿器と空気清浄機をスペースの問題からまとめたいという思いがあり、加湿器を出したりしまったりするのも面倒なので通年置いておけるというメリットを取りやや能力不足なのは承知のうえで購入しました。<br>結論から言うとこの条件ではやはり能力不足です。(満足はしています)<br>まずサイズですが、ややデカいので存在感あります。最近のダイソンデザインですが一回り大きいので店頭でサイズ感を見てから買った方がいいです。<br>リモコンやアプリの操作に困ることもなく利用できています。この辺のシンプルさはさすが。またお手入れがほぼ自動化されているのはポイント高いです。<br>空気清浄の機能としてはすこし離れた場所でのアルコール消毒やアイコスなどの電子タバコも検知しているようなので、じゅうぶん仕事してくれていると思います。<br>静音性については加湿稼働時、特にオート設定のときはうるさいです。また空気の汚れを検知したときの空気清浄中もおなじく結構ファンの音がうるさいです。<br>加湿についてはオート設定では室温20度付近では50%を目標にするようで、その湿度になるまで全開になります。このモードのときは正直うるさいです。また、やはり加湿量がエアコン風の乾燥に対して追いついていないため、オート設定にすると40~45%程度までしか加湿されません。このため、うちではオート加湿モードの使用はできませんでした。湿度40%設定であれば比較的常用できる感じだったので、40%設定にすることで落ちつきました。<br>本音をいえばオートで頑張って欲しいものの、40%代まで行けば合格としています。(この部屋は乾燥がひどく加湿器がないと20%代になります。)<br>ここで思ったのですが、この製品はどういう層に向けた製品なのか少し疑問です。おそらくスペック通り6畳~8畳で利用するのがベストなのでしょうが、この価格帯の加湿空気清浄機でその部屋のサイズ感で使うシチュエーションがあまり思いつきません。ベッドルームとかで利用される想定なんでしょうか?公式サイトでは思いっきりリビングで使ってますが、先の通りオート運用ではリビングの広さではうるさすぎますし加湿能力が足りません。<br>先の通り今回は一台にまとめられて通年置いておけるデザインであることが最優先だったのと、40%という下限ラインの加湿はできているので目的は果たしています。なので自分の使い方としては満足しています。<br>ただ、性能面では50%程度の湿度を目標とされる場合は目的を果たさない可能性がありますので、普通にダイニチとかの加湿器を買うか、国内メーカーの気化式加湿空気清浄機の方が幸せになれると思います。<br>総評としては、そんなに広くない部屋で使う予定がある方か、加湿能力はすこし目を瞑ってでも通年置いておけるオシャレ家電的な役割を求めたい方にはおすすめできると思います。<br>あとYouTubeなんかにYouTuberのレビュー動画がありますが、どの動画も加湿能力のことには触れていないので完全に確信犯的PR動画だとおもいます。良くスペックをみて買われた方がいいと思います。<br>

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

口コミ一括チェック!

レビュー

(42件)

Alex (2020年1月6日)
他のレビューサイトにも投稿しましたが、こちらにも残しておきます。<br>・鉄筋コンクリート12畳程度の部屋<br>・エアコン暖房<br>という条件で使用しています。おそらく一般的な家庭のリビングに相当する広さで使っています。<br>・加湿器と空気清浄機をまとめたい<br>・加湿器の手入れが出来るだけ簡単なもの<br>・通年置いておいてもいいデザイン<br>を条件にしたときにこの製品にたどり着きました。<br>スペック的に加湿量が350mL/hということで加湿量的にはそうでも無さそうでしたが、ダイニチの加湿器と空気清浄機をスペースの問題からまとめたいという思いがあり、加湿器を出したりしまったりするのも面倒なので通年置いておけるというメリットを取りやや能力不足なのは承知のうえで購入しました。<br>結論から言うとこの条件ではやはり能力不足です。(満足はしています)<br>まずサイズですが、ややデカいので存在感あります。最近のダイソンデザインですが一回り大きいので店頭でサイズ感を見てから買った方がいいです。<br>リモコンやアプリの操作に困ることもなく利用できています。この辺のシンプルさはさすが。またお手入れがほぼ自動化されているのはポイント高いです。<br>空気清浄の機能としてはすこし離れた場所でのアルコール消毒やアイコスなどの電子タバコも検知しているようなので、じゅうぶん仕事してくれていると思います。<br>静音性については加湿稼働時、特にオート設定のときはうるさいです。また空気の汚れを検知したときの空気清浄中もおなじく結構ファンの音がうるさいです。<br>加湿についてはオート設定では室温20度付近では50%を目標にするようで、その湿度になるまで全開になります。このモードのときは正直うるさいです。また、やはり加湿量がエアコン風の乾燥に対して追いついていないため、オート設定にすると40~45%程度までしか加湿されません。このため、うちではオート加湿モードの使用はできませんでした。湿度40%設定であれば比較的常用できる感じだったので、40%設定にすることで落ちつきました。<br>本音をいえばオートで頑張って欲しいものの、40%代まで行けば合格としています。(この部屋は乾燥がひどく加湿器がないと20%代になります。)<br>ここで思ったのですが、この製品はどういう層に向けた製品なのか少し疑問です。おそらくスペック通り6畳~8畳で利用するのがベストなのでしょうが、この価格帯の加湿空気清浄機でその部屋のサイズ感で使うシチュエーションがあまり思いつきません。ベッドルームとかで利用される想定なんでしょうか?公式サイトでは思いっきりリビングで使ってますが、先の通りオート運用ではリビングの広さではうるさすぎますし加湿能力が足りません。<br>先の通り今回は一台にまとめられて通年置いておけるデザインであることが最優先だったのと、40%という下限ラインの加湿はできているので目的は果たしています。なので自分の使い方としては満足しています。<br>ただ、性能面では50%程度の湿度を目標とされる場合は目的を果たさない可能性がありますので、普通にダイニチとかの加湿器を買うか、国内メーカーの気化式加湿空気清浄機の方が幸せになれると思います。<br>総評としては、そんなに広くない部屋で使う予定がある方か、加湿能力はすこし目を瞑ってでも通年置いておけるオシャレ家電的な役割を求めたい方にはおすすめできると思います。<br>あとYouTubeなんかにYouTuberのレビュー動画がありますが、どの動画も加湿能力のことには触れていないので完全に確信犯的PR動画だとおもいます。良くスペックをみて買われた方がいいと思います。<br>

レビュー

(23件)

ks2784さん 60代/男性 (2021年8月28日)
故障ばかりで2年間で二度新品に交換させられました。

レビュー

(562件)

nth********さん (2021年9月5日)
発送も早く、領収書も同梱していただき助かりました。商品はかなり大きめでした。また必要になった時はこちらで購入させていただきます。
  • 商品価格ランキング
  • 実質価格ランキング

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

[商品該当数:28件]
↓ 次の10件を表示する ↓
[商品該当数:28件]
↓ 次の10件を表示する ↓
中古品から探す [商品該当数:2件]
  • 商品価格ランキング
  • 実質価格ランキング
商品説明
モデル番号を入力してください
これが適合するか確認:
空清適用床面積の目安:12畳(30分)、36畳(60分)、(8畳を清浄する目安/22分)
加湿適用床面積の目安:木造/~6畳、プレハブ/~10畳
風量:10段階
加湿能力:最大約350mL/h(強運転の場合)
タンク容量:5.0L
詳細情報
ASINコード:
B081DN2W3L
JANコード:
5025155044711

スポンサープロダクト