最安値:¥6,480(税込)
スリーアップ トイレ・脱衣所専用 ミニパネルヒーター ポカポカ暖ミニヒート マットホワイト PHT-1731MW
ポイント(目安)送料 実質価格
64pt 送料を店舗で
確認する
¥6,416
大手通販モールのAGtool(アグツール)
Rakuten¥6,480(最安値)
Paypay¥6,980(+500)
Amazon¥18,000(+11,520)
価格推移へ
お気に入り

口コミ一括チェック!

トップレビュー

cxturbo (2019年1月26日)

パネルヒーターと銘打っていますが、小型の自然「対流型電熱器」(ヒーターの本体部分は金属製の細い板の集合体に見えます。X字状の構造のつながったもので加熱された空気がゆっくり上昇します。加熱されたからといって、電気ストーブのように、ヒーター部分は熱放射のよる「発光」はしません。)のようなものと考えると良いのかもしれません。表題のようにトイレ(幅100cm奥行き120cm高さ230cm)を一定の温度に保つために購入しましたが、摂氏20度になるようにつまみを調整していますがほとんど変動せずに安定しています。温度計は、部屋の各所に設置してありますが、冬場は特に部屋によって気温差が大きく何とかトイレを省電力で暖房しようと考えて導入したものです。なお各部屋の温度計は同じものを設置し、放射温度計(赤外線を感知して測定するタイプ)と気象観測で使用する研究用の連続温度測定装置で「較正」して測定しましたので、ほぼ正確だと思います。<br>1.温風ヒーターだと狭い空間では風が邪魔になる上に、寒い状態から一気に暖かい状態になるので体に負担がかかります。(少し広い台所ではシャープの加湿セラミックヒーターを使用しているので比較できます。)<br>2.オイルヒーターの小型のものでは、部屋を常時暖めるには電力消費量がおおきくなりすぎる上に、接触するとやけどする危険があります。(以前、6畳間を暖房するのにデロンギの大型オイルヒーターを使っていましたが、廃棄したのは以上の理由からです。)<br>3.パネルヒーターは主に輻射熱を利用するので、直接面している部分を暖めるには良いのですが、部屋全体を暖房するには小型では非力ですが、安全性は高いのではと考えます。<br>これらのことから、じっくりと一定に暖かくなり省電力のタイプで、接触してもやけどしないものはないかと探したところ、この製品にたどり着きました。実物を見たわけではないので、写真から判断するしかなくて少し心配しましたが、「ゆっくりした対流を起こして暖める暖房器具」と言う推定(パネル前面ではなく、上部に空いた空間から暖気が上昇する)が正しかったので自分の判断を喜びました。また、前面パネルは熱くならずトイレのように狭い空間においても安全です。単純な構造なのに「安価で安全で効果的」ちなみに、我が家は鉄筋コンクリート作りのマンションで木造よりも断熱性は高いのですが、外壁付近や窓はきわめて冷却されます。トイレは中心部にあるので、比較的室温の変化は少ないのです。暖房は居室には最もエネルギー効率の良い暖房器具である「エアコン」を使用し、天井には対流を促進する為にシーリングファンをつけています。(エアコンにはシーリングファンがあるととても熱の攪拌が効率的ですよ。冷暖房両方に使えます。熱の運搬は対流が一番効率が良いと言われています。)<br>我が家では暖房などは、安全(室内の空気を汚さない、火災を起こしづらい)と制御しやすいのとで全て電気製品にしています。ガス温水暖房を以前利用していましたが、急速に部屋を暖めるには非常に効果的でしたが残念ながら、転居して使えなくなりました。(部屋に組み込まれていたので)<br>星4つにしたのは、温度調整つまみが目盛りを横から見るようにマークが着いている上に、マークが突起だけで見づらいので、赤いマジックでつまみ側と本体マークを上方から見えるように塗った点で-1となりました。外側は上部の空気孔金属枠以外は全く熱くなりませんが、転倒防止スイッチは見あたりません。また、消費電力が個別に測定できないので省エネになっているかが正確には分かりません、暖気が出ている時間が少なく感じられ、時折バイメタルによるスイッチの作動音が聞こえるので、消費電力は少ないのでは?と思っている点がはっきりしないのですが、今月の電気使容量が昨年同期に比べて少し(1,000円位)上昇しています。その分、ガス代はかなり減少し、昨年同期と比べて1ヶ月3,000円、電気とガスの合計料金は下がりました。(暖房器具の構成が変わっていますので電気代が上昇してしまうのは必然かもしれませんが、昨年度はエアコン2台+「ガス温水暖房機」+ホットカーペット。今年度はエアコン2台省エネ型+加湿セラミックヒーター+加湿器+「本機」です。どちらも照明器具はほぼ全部LEDです。)ちなみに取説では、「1時間あたりの電気代8.1円」となっています。この数値で単純に計算すると8.1[円/時間]x24[時間]x30[日]=5,832[円/月]になりそうですが、どう見ても1,000円位のものでは無いかと料金から推定しています。<br>

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

口コミ一括チェック!

レビュー

(50件)

cxturbo (2019年1月26日)
パネルヒーターと銘打っていますが、小型の自然「対流型電熱器」(ヒーターの本体部分は金属製の細い板の集合体に見えます。X字状の構造のつながったもので加熱された空気がゆっくり上昇します。加熱されたからといって、電気ストーブのように、ヒーター部分は熱放射のよる「発光」はしません。)のようなものと考えると良いのかもしれません。表題のようにトイレ(幅100cm奥行き120cm高さ230cm)を一定の温度に保つために購入しましたが、摂氏20度になるようにつまみを調整していますがほとんど変動せずに安定しています。温度計は、部屋の各所に設置してありますが、冬場は特に部屋によって気温差が大きく何とかトイレを省電力で暖房しようと考えて導入したものです。なお各部屋の温度計は同じものを設置し、放射温度計(赤外線を感知して測定するタイプ)と気象観測で使用する研究用の連続温度測定装置で「較正」して測定しましたので、ほぼ正確だと思います。<br>1.温風ヒーターだと狭い空間では風が邪魔になる上に、寒い状態から一気に暖かい状態になるので体に負担がかかります。(少し広い台所ではシャープの加湿セラミックヒーターを使用しているので比較できます。)<br>2.オイルヒーターの小型のものでは、部屋を常時暖めるには電力消費量がおおきくなりすぎる上に、接触するとやけどする危険があります。(以前、6畳間を暖房するのにデロンギの大型オイルヒーターを使っていましたが、廃棄したのは以上の理由からです。)<br>3.パネルヒーターは主に輻射熱を利用するので、直接面している部分を暖めるには良いのですが、部屋全体を暖房するには小型では非力ですが、安全性は高いのではと考えます。<br>これらのことから、じっくりと一定に暖かくなり省電力のタイプで、接触してもやけどしないものはないかと探したところ、この製品にたどり着きました。実物を見たわけではないので、写真から判断するしかなくて少し心配しましたが、「ゆっくりした対流を起こして暖める暖房器具」と言う推定(パネル前面ではなく、上部に空いた空間から暖気が上昇する)が正しかったので自分の判断を喜びました。また、前面パネルは熱くならずトイレのように狭い空間においても安全です。単純な構造なのに「安価で安全で効果的」ちなみに、我が家は鉄筋コンクリート作りのマンションで木造よりも断熱性は高いのですが、外壁付近や窓はきわめて冷却されます。トイレは中心部にあるので、比較的室温の変化は少ないのです。暖房は居室には最もエネルギー効率の良い暖房器具である「エアコン」を使用し、天井には対流を促進する為にシーリングファンをつけています。(エアコンにはシーリングファンがあるととても熱の攪拌が効率的ですよ。冷暖房両方に使えます。熱の運搬は対流が一番効率が良いと言われています。)<br>我が家では暖房などは、安全(室内の空気を汚さない、火災を起こしづらい)と制御しやすいのとで全て電気製品にしています。ガス温水暖房を以前利用していましたが、急速に部屋を暖めるには非常に効果的でしたが残念ながら、転居して使えなくなりました。(部屋に組み込まれていたので)<br>星4つにしたのは、温度調整つまみが目盛りを横から見るようにマークが着いている上に、マークが突起だけで見づらいので、赤いマジックでつまみ側と本体マークを上方から見えるように塗った点で-1となりました。外側は上部の空気孔金属枠以外は全く熱くなりませんが、転倒防止スイッチは見あたりません。また、消費電力が個別に測定できないので省エネになっているかが正確には分かりません、暖気が出ている時間が少なく感じられ、時折バイメタルによるスイッチの作動音が聞こえるので、消費電力は少ないのでは?と思っている点がはっきりしないのですが、今月の電気使容量が昨年同期に比べて少し(1,000円位)上昇しています。その分、ガス代はかなり減少し、昨年同期と比べて1ヶ月3,000円、電気とガスの合計料金は下がりました。(暖房器具の構成が変わっていますので電気代が上昇してしまうのは必然かもしれませんが、昨年度はエアコン2台+「ガス温水暖房機」+ホットカーペット。今年度はエアコン2台省エネ型+加湿セラミックヒーター+加湿器+「本機」です。どちらも照明器具はほぼ全部LEDです。)ちなみに取説では、「1時間あたりの電気代8.1円」となっています。この数値で単純に計算すると8.1[円/時間]x24[時間]x30[日]=5,832[円/月]になりそうですが、どう見ても1,000円位のものでは無いかと料金から推定しています。<br>

レビュー

(0件)

口コミを見つけません。

レビュー

(0件)

air********さん (2020年12月16日)
使用しはじめたばかりなので、耐久性はわかりませんが、今のところとても良いです。 冬場は外気マイナスになる北国のトイレで使用してますが、小さい出力でも十分にあたたまります。
  • 商品価格ランキング
  • 実質価格ランキング

ポイントシミュレーター設定

  • (
    )

  • (
    )

[商品該当数:3件]
[商品該当数:3件]
詳細情報
スリーアップ ミニヒーター パネルヒーター トイレ 脱衣所 コンパクト スタイリッシュ 持ち運び あったかグッズ 冬 ヒーター 便利グッズ
ASINコード:
B07H47WW5P
JANコード:
4589557503982

スポンサープロダクト